試作機開発用にPCから直接モータを接続して
簡単にモータ動作やモニタリングをしたい

CM3+はこんなお困りごとを解決します

  • 試作機の設計にマイコンやPLCを用意したくない。
  • 社内検査治具用にPCからモータを制御し、検査結果を記録したい。
  • モータを使ったことがないが、展示用品などをPCから簡単に動かしたい。
  • 自分のデスクでモータを動作させたい。

PC制御による簡易駆動

PLCを使用する場合

PLCを使用する場合

マイコンを使用する場合

マイコンを使用する場合

COOL MUSCLEを
PCで接続すると、
3分で動作させることができます。

使用するPC環境に制限はありますか?
弊社で提供しているソフトウェアCOOL WORKS QUICK(無償)はWindows10対応です。

PC制御による多軸駆動

複数軸のモータもPCから一括で
動作させることができます。
各モータに接続する
ドライバボックスは不要です。

マイコンを使用する場合
モータは何台まで接続できますか? 複数軸接続した場合、通信の遅れはありますか?
最大15軸まで接続可能です。1キャラクタあたり約0.3msec通信の遅れがあります。

PC制御によるモニタリング

モータのステータス取得や
グラフ描画などモニタリング機能も
豊富に搭載されています。

モニタリング
アプリケーションレイ
データを取得してエクセル等に書き出すことは可能でしょうか?
モニタリングパラメータを設定することで、一定周期でのデータ出力が可能です。
出力されたデータをエクセルに書き出すことで、データの管理、分析が可能となります。

お客様専用PCソフトウェア開発

C言語でプログラムを組むことで
簡単にお客様専用のPCソフトウェアを
作成いただくことが可能です。