ダイレクト

CM3は、制御方法にあわせて、タイプを切り替えて使用することができます。
タイプの切り替えは、専用ソフト「COOL WORKS QUICK」から行うことができます。

●ダイレクトタイプ

RS-232Cのシリアル通信でコマンドを送受信し、直接モータを動作させることができます。
位置や速度、加速度などのシンプルな設定で任意の位置への位置決め が可能です。
また、最大で32点のモーションデータを記憶させることができ、それらを実行できます。

配線図は以下になります。

V 内容 詳細
0 PTP動作 原点を基準にPコマンドで設定された目標位置への絶対位置決め動作
1 INC動作 現在位置からPコマンドで設定された距離を相対移動する位置決め動作
2 PTP押付動作 Pコマンドを目標位置として、Qコマンドで設定したトルクで押付動作
3 INC押付動作 現在位置からPコマンドで設定された距離を相対移動し、Qコマンドで設定したトルクで押付動作
名称機能 名称機能
IN1原点センサ・リミットセンサ IN2リミットセンサ
IN3サーボオン/オフ IN4マニュアルモード
IN5+CCWインチング・ジョグ IN5-CCWインチング・ジョグ
IN6+CWインチング・ジョグ IN6-CWインチング・ジョグ
IN_COM入力1〜4コモン OUT1出力1(A相出力)
OUT2出力2(B相出力) OUT3出力3(Z相出力)
ALARMアラーム出力 D_GNDデジタルグランド

必要ケーブル

インターフェースケーブルA

インターフェースケーブルA

使用するモータ軸数分必要です。

  • CMIFA1-0400WR
  • CMIFA1-1000WR
  • CMIFA1-2000WR
電源ケーブルA

電源ケーブルA

使用するモータ軸数分必要です。

  • CMPWA1-1000S
  • CMPWA1-3000S
通信ケーブルA

通信ケーブルA

IO制御する場合もモータの初期設定用に1本必要です。

  • CMRSA1-1000W
  • CMRSA1-2000W
  • CMRSA1-3000W
I/OケーブルA

I/OケーブルB

IO制御するモータの軸数分必要です。

  • CMIOA1-1000S
  • CMIOA1-3000S

接続例①

接続例②