I/O

CM3は、制御方法にあわせて、タイプを切り替えて使用することができます。
タイプの切り替えは、専用ソフト「COOL WORKS QUICK」から行うことができます。

●I/Oタイプ

最大8点のモーションデータを記憶させることができ、それらを入力信号で選択、実行できます。
PLCのI/Oポートから信号を出力しCM3のモーションデータに登録されてる動作を実行します。

配線図は以下になります。

モーション番号 IN4
2ビットに対応
IN3
1ビットに対応
IN2
0ビットに対応
0 OFF OFF OFF
1 OFF OFF ON
2 OFF ON OFF
3 OFF ON ON
4 ON OFF OFF
5 ON OFF ON
6 ON ON OFF
7 ON ON ON
名称機能 名称機能
IN1原点センサ・リミットセンサ IN2モーションデータ選択
IN3モーションデータ選択 IN4モーションデータ選択
IN5+リミットセンサ IN5-リミットセンサ
IN6+実行/停止 IN6-実行/停止
IN_COM入力1〜4コモン OUT1出力1(A相出力)
OUT2出力2(B相出力) OUT3出力3(Z相出力)
ALARMアラーム出力 D_GNDデジタルグランド

必要ケーブル

インターフェースケーブルA

インターフェースケーブルA

使用するモータ軸数分必要です。

  • CMIFA1-0400WR
  • CMIFA1-1000WR
  • CMIFA1-2000WR
電源ケーブルA

電源ケーブルA

使用するモータ軸数分必要です。

  • CMPWA1-1000S
  • CMPWA1-3000S
通信ケーブルA

通信ケーブルA

IO制御する場合もモータの初期設定用に1本必要です。

  • CMRSA1-1000W
  • CMRSA1-2000W
  • CMRSA1-3000W
I/OケーブルA

I/OケーブルB

I/O制御するモータの軸数分必要です。

  • CMIOA1-1000S
  • CMIOA1-3000S

接続例

初期設定